コース紹介

小学生コース

小学生のための、めざせ学年トップレベル英語力 英検取得講座

小学生のための、トップレベルを目指すための英語講座です。学校の英語の成績はもちろんトップを目指します。
英検取得にも挑戦してもらいます。

小学3~4年生になれば、「お遊び英会話」ではなく、日常的な英語学習の習慣が必要となります。1日15分~20分間、リスニング中心の英語に触れる機会をつくることが良いでしょう。当英語道場では、復習をしていきます。
小学5~6年生からは、週1回「英会話」「意味順」「語順訳」「英文法」の学習をします。
小学校時代に、英検4級は最低取得。やる気のある生徒は、3級→準2級→2級とめざしましょう。

中学生コース

中学3年間の英語学習は、その後の英語の学び方を決めるのでとても重要です。

以下、私が思う中学生の学習の傾向をまとめてみます。

1.模範訳、いいかえれば、先生の訳の丸暗記。
2.ピリオドやカンマを無視して、どんどん訳していく。
3.品詞分類が全くできない。

問題点
テスト対策という点からある程度このことは仕方がない点はあります。訳の丸暗記で点が取れるということもあります。
問題なのは、生徒が自分自身で訳文を作らないということです。もっと言えば、英文に向き合わないのです。
この傾向を引きずる生徒は、ある段階までは行けますが、英文が高度になると全く英語が出来なくなります。
たとえば、中2や高校生になった時など。
英語が出来なくなる理由は実は最初の成功体験にあるのです。誰しも経験あると思いますが、中1のころには教科書の訳と英文を書いて暗記してしまえばほぼ100点は取れてしまうのです。この最初の成功体験が生徒の心を縛ってしまう。
準動詞や受動態が出てくる中2のとき、つまり英文の構造が難しくなった時に通用しなくなるのです。

「意味順」で、英文の構造を学びましょう。
英文のしくみは①SV②SVC③SVO④SVOO⑤SVOCに分類できます。複雑に感じる英文も、このしくみが解れば正確に読みとれます。英会話においても、先ずは、「主語」「動詞」の正しい使い方をマスターしましょう。

高校生コース

本物の英語力養成をモットーに、英検やTOEIC指導にも取り組んでいます。

「どうしたら会話ができるようになりますか?」「どんなテキストを勉強したら、英語の成績が良くなるのですか?」など、今日、誰もが英語学習法に迷ってい ます。そのひとつの解答として、私は、「身につけたい英語力から逆算して、英語を勉強しましょう。」ということを提案したいと思います。当英語道場の独自の指導法と教材で、そのひとつの解答に辿り着けると、私は確信しています。「誰もが納得できる指導法」当英語道場にはそれがあります。英語でネィティブと対 等に交渉できる会話力、試験に強い英語力、専門能力を高めるための英語力など、「生きた、使える英語力」を身につけることができます。「先につながる英語 力」を目指して、また、高校でも英語が不得意という生徒が大半という今の現状を何とか変えたいという強い気持ちで、日々授業を行っています!!

「英語格差」(English divide)
高校生にもなるとこの言葉を実感している人もいるかもしれません。英語の成績が悪く、志望大学をワンランク落とすとか、第一志望の高校に入学できなかったなど。
英語学習をスタートして、まだ、4~5年。まだまだこれからです。あきらめるのは早すぎます。偏差値を35→52で近大合格の生徒もいます。正しいやり方で英語は必ずできるようになります。
現実の社会でも、英語ができる、できないで就活にも影響してきます。中学時代に苦手でも、高校時代から正しい学習法を知ることで大学生になってから、英語が大好きになることは、たくさんあります。

TOEIC&英会話

英会話のレベルアップにTOEICは効く

TOEICのPart1・2は英会話初心者にとって最低限必要な表現です。
海外旅行の際に、ちょっとしたトラブルを避けるためには正確に聞きとれないといけません。
Part3・4は、初級者~中級者の方々に必要です。ひとりで海外旅行へ行ったり、実際に仕事で英語が必要な方にとっては、このパートを学習することは、英語を使っていくうえでとても自信につながります。
Part4・5は、初級者から中級者をめざす方にとって、英文法や、単語力の養成ができる好適なテキストです。
”会話するのに文法必要なの?”という疑問も起こってきそうですが、もう一歩レベルの高い英語力を目ざす方にとっては学習しがいのやる分野です。
さらに仕事で英語を使っている人、留学やホームステイを考えている方にとってはPart6をしっかりと学ばなければならないでしょう。
英文を細部まで読み解く力、これが上級者への道です。
当英語道場では、300~400点レベルの方であれば、全員が100点アップ達成しています。
600~700点の方々も、80%以上の方が半年以内に、700点~800点前後まで得点アップ達成しています。もちろんTOEICの得点だけで、英会話力、英語力をきめつけることはできませんが、TOEICの得点アップ→学習→受検を通して、まちがいなく全員が英語力アップを達成できます。

↑PageTop